ライダー・バイクレーサーのためのウェブマガジン[DoubleBox]

Home » RIDER'S HACK » 警察バイクはほとんどコレ、乗り心地重視のツアラー

警察バイクはほとんどコレ、乗り心地重視のツアラー

見た目はゴッツイ

バイクが欲しいなという人の多くは、高速道路を走ってツーリングに出かけたいと考えているものです。しかし、バイクの選び方によっては長時間の運転に腕が耐えられなかったり、前傾姿勢過ぎて腰や背中が痛くなったり、また風圧を体が受けてとにかく体がヘトヘトに疲れてしまう事態にもなりかねません。しかし、このツアラーは、長時間のツーリングを前提としたスペックとなっていて、乗車姿勢が楽なのが大きな魅力です。そのため、長距離を運転しても腕や背中、腰などが疲れにくいのです。さらに、排気量が多い大型バイクが多いので、こまめに給油をする必要がありませんし、車体が安定しているという魅力もあります。

女性でも取り扱うことはできる?

ツーリングのためのスペックとなっているツアラーは、長距離を走行しても疲れにくく安定した走りができるのが特徴です。しかし安定感を出すために重量がドッシリしているため、力がない女性にとってはバイクが倒れると立ち上げることが難しいかもしれません。コツなどを覚えれば女性でも取り扱うことは可能ですが、重量がヘビー級という点では、女性ライダーからの人気はそれほど高くないタイプと言えるでしょう。ただし、ツアラーの中でも比較的軽量なモデルはあるので、女性ライダーなら工夫したバイク選びをする事をおすすめします。

また、ツアラーの車体は安定感があるだけでなく、ゴッツイ雰囲気を兼ね備えています。ゴツイ感じのバイクが大好きな人にとっては、この部分はたまらない魅力だと感じますが、ゴッツさをオッサンぽいと感じるような人にとっては、ツアラーは全般的に中年向けのバイクという印象があるかもしれません。

ツアラーはもともと大型バイクですが、積載アップのためのパニアケースを取り付けやすいスタイルとなっていて、ツーリングに出かける際にはこうしたケースは大活躍してくれます。しかし、パニアケースを取り付けることでさらに大型化してしまい、狭い道やすり抜け時に走行しづらくなるので、その点も注意したほうが良いでしょう。

ツアラーのデメリットは価格

安定感があって長距離運転に向いているツアラーは、警察の白バイなどにも採用されているモデルです。見た目が気に入れば、乗り心地も良いのでぜひおすすめのバイクですが、価格帯が高めのモデルがも多いので、リーズナブルに購入したい人にとっては対象外となってしまうかもしれません。手が届きにくいという点は、ツアラーのデメリットと言えますが、優良な中古車両も多いので中古市場を探すのも手ですね。

CATEGORY :