ライダー・バイクレーサーのためのウェブマガジン[DoubleBox]

Home » GARAGE HACK » ビルトインガレージハウスで気を付けたいポイント

ビルトインガレージハウスで気を付けたいポイント

ガレージハウスの中でも人気のスタイル

ビルトインガレージというのは、ガレージハウスの中でも人気が高いスタイルです。これは、居住空間の1階部分をガレージとして使うという建築スタイルで、1階部分はガレージとしてだけ使っても良いですし、ガレージに加えて居住スペースを少し確保してもOKです。しかし、多くの場合には1階部分は大半をガレージが占めることになり、その点はビルトインガレージタイプのガレージハウスが抱えるデメリットと言えます。

しかし、自宅の1階部分にガレージがあることによって、出かける際にはサッと車を出せるという大きなメリットがあります。買い物から帰って来ても、雨や雪に濡れずに自宅へ運び入れやすく、実用的でもあります。そんなビルトインガレージタイプのガレージハウスを新築で作る際、もしくは中古物件を見つける際には、どんな点に注意したら良いのでしょうか?ポイントをいくつかご紹介します。

ポイント1:騒音対策

ガレージハウスの中でも特にビルトインガレージは、家の一部に車が入ってくるというイメージなので、どうしても音による騒音が起こりやすいでしょう。特に、早朝や深夜など、家族が寝ている時間帯に車の出し入れをする必要がある時には、エンジンの音で家族が起きてしまったり、場合によっては自宅が軽く振動するということもあるかもしれません。ガレージハウスを設計したり物件選びをする際には、騒音のことも考慮して、寝室やリビングルームはできるだけガレージから距離のある場所がおすすめです。

ポイント2:排気ガス

ガレージハウスは、車を保管する駐車場としての役割を果たしますが、やはり居住空間の一部として、きれいな状態を維持したいものです。しかし、ガレージハウスのガレージ部分は、車のエンジンをかける場所なので、どうしても排気ガスの問題が起こりやすいものです。排気ガスのニオイや壁の汚れなどは、車の出し入れを頻繁に行う人にとっては気になりやすい部分かもしれません。この対策法としては、ガレージハウスを新築したり中古物件を選ぶ際には、ガレージ部分の換気対策が施されているかどうかを確認することをおすすめします。ガレージハウスに換気扇がついているとか、壁材が汚れがつきにくい素材かどうか、また洗いやすい素材かどうかという点をチェックすると良いでしょう。壁材だけでなく、塗装についてもチェックしたほうが安心かもしれません。

CATEGORY :