ライダー・バイクレーサーのためのウェブマガジン[DoubleBox]

Home » GARAGE HACK » ガレージハウスを建てる際に気をつけたい間取り

ガレージハウスを建てる際に気をつけたい間取り

車を愛する方なら、ガレージハウスを一度は検討したことがあるでしょう。ただ、ガレージハウスを建てるには、家全体の間取りから考えていかなければなりません。そこで、実際にガレージハウスを建てる場合、どんなところに注意して間取りを決めるべきかポイントを紹介します。

ガレージハウスに何台収容するのか

ガレージハウスをどんな間取りにするかを考える際、何台収容する予定なのかを念頭に入れて計画を立てる必要があります。今は1台しか所有していないからといって、1台がギリギリ収容できる広さのガレージハウスにしてしまうと、将来、セカンドカーやご家族の車が増えた時に後悔することになるでしょう。とはいえ、ガレージハウスのスペースを大きく確保するには、壁や柱の関係から間取りにも影響がでますし、当然ながら多くの予算も必要になります。現時点のことだけでなく、家族全員のことも考えて慎重に決断すべきことを覚えておいてください。

エンジン音の対策を考える

ガレージハウスは、居住スペースとガレージが空間を同じにするため、同居の方がいる場合は、エンジン音が騒音になることにも気をつけなければなりません。車好きの方にとって、スポーツカーやレース仕様のバイクの爆音は心地良い響きに聞こえますが、同居の家族は迷惑に感じているということは大いにあり得ます。少なくとも、リビングや寝室にエンジン音が響くような間取りは避けましょう。また、壁を防音仕様にするなど、費用はかかりますが、できる限りの防音対策も行う方がよいでしょう。

排ガス対策は念入りに

ガレージハウスは、人と車が同じ空間で過ごすことになるため、車の排ガスには細心の注意が必要です。空気が悪くなるだけでなく、深刻な健康被害を与えかねません。居室の間取りを考えることは当然ですが、換気用の大きな窓を取り付けたり、有圧換気扇のような性能の高い換気扇を設置したりといった対策も必須です。

セキュリティも忘れてはならない

ガレージハウスは、家の中に駐車スペースができることになるので、車の出入りする場所のセキュリティが甘くなります。また、たとえ大通り沿いのガレージハウスであっても、暗いガレージ内はどうしても死角となるスペースができてしまいます。外部から居室内に簡単に侵入できないよう間取りを考えなければなりませんし、丈夫なシャッターもなるべく取り付けたいものです。予算の問題もありますが、ガレージ内に防犯カメラを設置したり、ホームセキュリティと契約するなど、他の方法も併せて防犯対策についてよく検討してください。

CATEGORY :