ライダー・バイクレーサーのためのウェブマガジン[DoubleBox]

Home » GARAGE HACK » ガレージハウスはとても便利

ガレージハウスはとても便利

1:外に出ないで移動できるガレージハウス

オーダーメイド住宅を建てる場合には、ガレージハウスの設計も自分で決めることができます。しかし、せっかくガレージハウスを作ったのに、思っていた感じと違っているようでは後で後悔するでしょう。よく家と直結していないガレージにする人もいますが、このような場合には家から出ないと移動できないため、雨が降っていたらいちいち傘をさして移動しなければいけなくなります。これでは天候が悪いときには、何で車庫を作ったのかわからなくなりますし、車の中を汚してしまうことにもなるでしょう。

ガレージハウスにしてしまえば、傘を差さないでも家から直接車に乗り込めるのです。他にもガレージハウスはすぐに車が出せるようにすることが大切です。ドアを開けて庭を移動し、シャッターを開けてようやく車を出せるようでは車を出すのにも時間がかかります。家と直接繋がっていれば、雨のときに傘を差さないと車に乗れなくなることもありませんし、急いでいるときでも短い時間で車を出すことができるのです。

2:車を止める部分を広くして複数台止められるようにする

車は必ずしも一家に1台しか持っていないわけではありません。家庭によっては複数台所持していることもあるでしょうが、ガレージハウスと言えば1台しか車が止められないという印象を持っている人もいるでしょう。しかし、ガレージハウスの幅を広くしてしまえば、複数台の車を止めやすくなるのです。それなら庭を狭くして、広い駐車スペースを確保すればよいではないかと思う人もいるでしょう。

それでは土地の面積を広くしなければいけなくなるのです。それに対してガレージハウスであれば、1階部分にある居住スペースが狭くなるというデメリットがあるものの、最近は3代建ての家も多いので、車を止めるスペースを広く確保しやすくなります。場合によっては地下にガレージハウスを作り、1階部分を少し高くして2階建ての家にするという方法も可能です。新築を建てる場合には、このような点も考えておくのがよいでしょう。

3:まとめ

ガレージハウスというのは、車を持っている人にとってはとても便利だと言えるでしょう。それは外に出ないで移動できますし、移動をするのも簡単だからです。台数に応じてスペースを確保しておけば、複数台の車を止めておくこともできるでしょう。まずはガレージハウスがどのようなものなのか、どのようなメリットがあるのかを知っておくことが重要です。それから建設するときのポイントを抑えるようにしましょう。

CATEGORY :