ライダー・バイクレーサーのためのウェブマガジン[DoubleBox]

Home » GARAGE HACK » ガレージハウスに賃貸で住むときの利点と欠点

ガレージハウスに賃貸で住むときの利点と欠点

ガレージハウスに住みたいけれど、空いた土地やまとまったお金がない…。
そのような場合、賃貸物件でガレージハウスを探すという手もあります。
ガレージ付きの住宅に住みたい場合、ひとつの選択肢にすると良いでしょう。

ガレージハウスの賃貸物件はいろいろある

ガレージハウスの賃貸物件はいろいろな種類があります。ガレージハウスと呼べるような、駐車場と住居が一体となっているタイプの一戸建ては数多く存在します。
内装が雑誌の記事に出てくるようなレベルで整えられているおしゃれな物件や、物置に近い形のシンプルなガレージまで。ガレージハウスの賃貸物件はバリエーションが豊富です。
趣味のスペースとしてガレージを活用する場合、どの程度カスタマイズが可能かどうかもポイントになります。
通常、賃貸の場合、借り手が内装を勝手に変えてしまうのはNGですが、大家さんによってはある程度のカスタマイズを許容してくれるケースもあります。
ガレージを自分好みの内装に変えてみたい場合、そういった変更OKの物件を探してみると良いでしょう。
そういった希望を受け付けてくれる物件は、築年数が経っているものを中心に探してみると意外と見つかったりします。

ガレージハウスに賃貸で住む利点と欠点

ガレージハウスに賃貸で住めば、ガレージを建てたり、新築で家を建てる場合と比べて、まとまったお金が必要でないという利点があります。
ガレージや家を建てるほどまとまったお金は手元にないけれど、ガレージハウスに住みたいという場合、賃貸という選択肢のメリットは大きいと言えるでしょう。現在、このような希望を持っている人は多いようで、賃貸の中でもガレージハウスは人気が高いと言われています。
駐車場付きの家ということになりますので、愛車を安全に保管でき、駐車場代も節約できるのも良いところです。
ただし、ガレージハウスは一軒家ということになりますので、通常の賃貸物件と比べると、家賃は割高になりやすいのが欠点です。また、内装がおしゃれで雰囲気が良い物件ほど、家賃は高額になりますので、長く住み続けることを考えると、それなりにハードルは高いでしょう。
通常の賃貸であれば、様々な立地でいろいろな間取りの物件が存在しています。そのため、希望する立地や間取りの物件を見つけることも難しくありません。
ですが、ガレージハウスはある程度数が限られてくるため、希望にぴったりくる物件を探すのは難しいのが、欠点と言えるでしょう。

CATEGORY :